宛書き順 » 宛の熟語一覧 »宛名の読みや書き順(筆順)

宛名の書き順(筆順)

宛の書き順アニメーション
宛名の「宛」の書き順(筆順)動画・アニメーション
名の書き順アニメーション
宛名の「名」の書き順(筆順)動画・アニメーション
スポンサーリンク

宛名の読み方や画数・旧字体表記

読み方漢字画数旧字体表示
  1. あて-な
  2. アテ-ナ
  3. ate-na
宛8画 名6画 
総画数:14画(漢字の画数合計)
宛名
[読み]1.平仮名2.片仮名3.ローマ字表記 *[旧字体表示]旧字体データがない場合、文字を変更せずに表示しています。
熟語構成文字数:2文字(2字熟語リストを表示する) - 読み:3文字
同義で送り仮名違い:-
スポンサーリンク
宛名と同一の読み又は似た読み熟語など
当て無し  
逆書き:逆さ読み(逆読み・倒語(とうご))
名宛:なてあ
宛を含む熟語・名詞・慣用句など
宛行  宛文  所宛  肩宛  宛行  宛宛  宛状  宛然  宛転  宛も  宛書  宛所  宛先  宛字  宛名  大宛  名宛  名宛人  宛行う  宛行ふ  宛てる  宛てがい  宛てがう  宛てがい扶持    ...

宛名の使われ方検索(小説・文学作品等):言葉の使い方

ひょっとこ」より 著者:芥川竜之介
かったのである。「万事都合よく運んだからその中にゆく。」と書いてくれと云うので、その通り書いてやった。宛名が女なので、「隅へは置けないぜ」とか何とか云って冷評《ひやか》したら、「これは手前の姉でございます....
」より 著者:芥川竜之介
った後《のち》、陳は灰皿に葉巻を捨てて、机の上の封書を取上げた。それは白い西洋封筒に、タイプライタアで宛名を打った、格別普通の商用書簡と、変る所のない手紙であった。しかしその手紙を手にすると同時に、陳の顔....
本の事」より 著者:芥川竜之介
ゐかふう》氏宛のも沢山《たくさん》あつた。それは皆どう云ふ訣《わけ》か、荷風堂《かふうだう》先生と云ふ宛名だつた。「荷風堂は可笑《をか》しいな。森先生ともあらうものが。」――夢の中の僕はそんな事も思つた。....
[熟語リンク]
-宛を含む熟語
-名を含む熟語
スポンサーリンク
文章言葉図書館
「宛名」例文/複合語/意味