聖書き順 » 聖の熟語一覧 »先聖の読みや書き順(筆順)

先聖の書き順(筆順)

先の書き順アニメーション
先聖の「先」の書き順(筆順)動画・アニメーション
聖の書き順アニメーション
先聖の「聖」の書き順(筆順)動画・アニメーション
スポンサーリンク

先聖の読み方や画数・旧字体表記

読み方漢字画数旧字体表示
  1. せん-せい
  2. セン-セイ
  3. sen-sei
先6画 聖13画 
総画数:19画(漢字の画数合計)
先聖
[読み]1.平仮名2.片仮名3.ローマ字表記 *[旧字体表示]旧字体データがない場合、文字を変更せずに表示しています。
熟語構成文字数:2文字(2字熟語リストを表示する) - 読み:4文字
同義で送り仮名違い:-
スポンサーリンク
先聖と同一の読み又は似た読み熟語など
右旋性  輝線星雲  左旋性  斜線制限  先制  先生  宣誓  専政  潜勢  潜勢力  
逆書き:逆さ読み(逆読み・倒語(とうご))
聖先:いせんせ
聖を含む熟語・名詞・慣用句など
聖体  聖殿  聖徒  聖堂  聖道  聖徳  聖日  聖杯  聖廟  聖文  聖別  聖母  聖天  聖典  聖代  聖沢  聖誕  聖壇  聖断  聖地  聖寵  聖朝  聖勅  聖帝  聖哲  聖宝  聖方  聖明  石聖  先聖  俗聖  戴聖  大聖  大聖  俳聖  凡聖  列聖  聖跡  聖目  聖躬    ...

先聖の使われ方検索(小説・文学作品等):言葉の使い方

行乞記」より 著者:種田山頭火
につけても、その大根を拾ひあげるとき、私は何だかきまりが悪かつた、禅坊主らしくもない羞恥感である、古徳先聖の勝躅を再思三考せよ(巻煙草の吸殼を拾ふ場合は別である、それは恥ぢなければならない、恥づべき享楽の....
墨子」より 著者:幸田露伴
に、墨子儒者の業を學び孔子の術を受くなどと云つてゐるが如きは取るに足らぬ妄言であり、同書主術に、孔墨皆先聖の術を脩め、六藝の論に通ず、と云つてゐるのも、孔墨を同視した言で、孔墨の道の相反すること多きことを....
其中日記」より 著者:種田山頭火
いですました。 八月廿二日 曇――晴。 悪夢から覚めて直ぐ起きた、あまりに早かつたが。 語録を読む、先聖古徳の行持綿々密々なるにうたれる、省みて私は。―― 文字通りの、米と塩だけになつた。 夕方、孤愁に....
[熟語リンク]
-先を含む熟語
-聖を含む熟語
スポンサーリンク
文章言葉図書館
「先聖」例文/複合語/意味