拙書き順 » 拙の熟語一覧 »拙宅の読みや書き順(筆順)

拙宅の書き順(筆順)

拙の書き順アニメーション
拙宅の「拙」の書き順(筆順)動画・アニメーション
宅の書き順アニメーション
拙宅の「宅」の書き順(筆順)動画・アニメーション
スポンサーリンク

拙宅の読み方や画数・旧字体表記

読み方漢字画数旧字体表示
  1. せっ-たく
  2. セッ-タク
  3. sextutaku
拙8画 宅6画 
総画数:14画(漢字の画数合計)
拙宅
[読み]1.平仮名2.片仮名3.ローマ字表記 *[旧字体表示]旧字体データがない場合、文字を変更せずに表示しています。
熟語構成文字数:2文字(2字熟語リストを表示する) - 読み:4文字
同義で送り仮名違い:-
スポンサーリンク
拙宅と同一の読み又は似た読み熟語など
同一読み熟語についてのデータは現在ありません。
逆書き:逆さ読み(逆読み・倒語(とうご))
宅拙:くたっせ
拙を含む熟語・名詞・慣用句など
拙巌  如拙  稚拙  拙訳  拙文  拙筆  拙著  拙宅  拙速  拙走  拙僧  野拙  拙劣  紹拙  守拙  若拙  引拙  拙陋  陋拙  下拙  迂拙  拙論  拙老  拙戦  拙生  拙守  拙歌  拙家  拙家  拙詠  拙意  拙悪  巧拙  愚拙  古拙  拙技  拙吟  拙妻  拙策  拙作    ...

拙宅の使われ方検索(小説・文学作品等):言葉の使い方

蘭学事始」より 著者:菊池寛
も、手を打ってそれに同じた。彼らは、異常な感激で結び合された。 「しからば、善はいそげと申す。明日より拙宅へお越しなされい!」 良沢は、その大きい目を輝かしながらいった。 六 約のごとく、その翌日を初....
犬は鎖に繋ぐべからず」より 著者:岸田国士
来れば昼間だけといふことに願ひたいのであります。それから、序に申上げて置きますが、何処かの犬が、先達、拙宅の掃溜へ、古靴を片一方銜へておいて行きました。もう五六度底を替へたやうな靴でしたから、そのまゝにし....
魂の喘ぎ」より 著者:大倉燁子
渡した。 次長は中味を引き出すと低い声で、 「拝啓、菊花の候益々御多祥奉賀候、就ては来る十月十五日拙宅において、いささか祖先珍重いたせし物、当家としては家宝とも称すべき品々、展観に供え、その節御希望の....
[熟語リンク]
-拙を含む熟語
-宅を含む熟語
スポンサーリンク
文章言葉図書館
「拙宅」例文/複合語/意味