増書き順 » 増の熟語一覧 »増上の読みや書き順(筆順)

増上の書き順(筆順)

増の書き順アニメーション
増上の「増」の書き順(筆順)動画・アニメーション
上の書き順アニメーション
増上の「上」の書き順(筆順)動画・アニメーション
スポンサーリンク

増上の読み方や画数・旧字体表記

読み方漢字画数旧字体表示
  1. ぞう-じょう
  2. ゾウ-ジョウ
  3. zou-jou
増14画 上3画 
総画数:17画(漢字の画数合計)
增上
[読み]1.平仮名2.片仮名3.ローマ字表記 *[旧字体表示]旧字体データがない場合、文字を変更せずに表示しています。
熟語構成文字数:2文字(2字熟語リストを表示する) - 読み:5文字
同義で送り仮名違い:-
スポンサーリンク
増上と同一の読み又は似た読み熟語など
想像上  無象静照  
逆書き:逆さ読み(逆読み・倒語(とうご))
上増:うょじうぞ
増を含む熟語・名詞・慣用句など
微増  増床  増上  倍増  年増  増殖  逓増  増進  増水  増嵩  増勢  増収  増車  増資  増基  増給  増強  増鏡  増結  増血  増減  増劫  増刷  増産  著増  増石  増設  増俸  増募  増派  増配  増発  増反  増幅  増補  増分  増便  増訂  増誉  増様    ...

増上の使われ方検索(小説・文学作品等):言葉の使い方

鼠小僧次郎吉」より 著者:芥川竜之介
時か入日の光がささなくなつて、掘割に臨んだ一株の葉柳にも、そろそろ暮色が濃くなつて来た。と思ふと三縁山増上寺の鐘の音が、静に潮の匂のする欄外の空気を揺《ゆす》りながら、今更のやうに暦の秋を二人の客の胸にし....
或る女」より 著者:有島武郎
かな微笑が口じりをかすかに引きつらした。 葉子の胸をどきんとさせるほど高く、すぐ最寄《もよ》りにある増上寺《ぞうじょうじ》の除夜の鐘が鳴り出した。遠くからどこの寺のともしれない鐘の声がそれに応ずるように....
星座」より 著者:有島武郎
寺に生れて寺に育ったせいなのか、梵鐘《ぼんしょう》の音を園は好んで聞いた。上野と浅草と芝との鐘の中で、増上寺の鐘を一番心に沁みる音だと思ったり、自分の寺の鐘を撞きながら、鳴り始めてから鳴り終るまでの微細な....
[熟語リンク]
-増を含む熟語
-上を含む熟語
スポンサーリンク
文章言葉図書館
「増上」例文/複合語/意味