息書き順 » 息の熟語一覧 »寝息の読みや書き順(筆順)

寝息の書き順(筆順)

寝の書き順アニメーション
寝息の「寝」の書き順(筆順)動画・アニメーション
息の書き順アニメーション
寝息の「息」の書き順(筆順)動画・アニメーション
スポンサーリンク

寝息の読み方や画数・旧字体表記

読み方漢字画数旧字体表示
  1. ね-いき
  2. ネ-イキ
  3. ne-iki
寝13画 息10画 
総画数:23画(漢字の画数合計)
寢息
[読み]1.平仮名2.片仮名3.ローマ字表記 *[旧字体表示]旧字体データがない場合、文字を変更せずに表示しています。
熟語構成文字数:2文字(2字熟語リストを表示する) - 読み:3文字
同義で送り仮名違い:-
スポンサーリンク
寝息と同一の読み又は似た読み熟語など
同一読み熟語についてのデータは現在ありません。
逆書き:逆さ読み(逆読み・倒語(とうご))
息寝:きいね
息を含む熟語・名詞・慣用句など
終息  息男  蕃息  太息  喘息  息吹  大息  絶息  静息  地息  声息  生息  窒息  寝息  息女  栖息  息杖  片息  息慎  棲息  太息  息災  息差  歎息  息綱  大息  息嘯  息筋  肩息  息子  気息  憩息  賢息  息む  愚息  休息  貴息  吐息  鼻息  鼻息    ...

寝息の使われ方検索(小説・文学作品等):言葉の使い方

」より 著者:芥川竜之介
子。私が便りに思ふのは、たつたお前一人ぎりだ。――信子は度々心の中でかう妹に呼びかけながら、夫の酒臭い寝息に苦しまされて、殆《ほとんど》夜中まんじりともせずに、寝返りばかり打つてゐた。 が、それも亦翌日....
あの頃の自分の事」より 著者:芥川竜之介
つちこつち読んで見た。その間も凩はこの二階を揺ぶつてしつきりなく通りすぎた。が、松岡は依然として、静な寝息ばかり洩してゐた。自分はやがて、かうしてゐても仕方がないと思つたから、物足りない腰をやつと上げて、....
」より 著者:芥川竜之介
。一つは娘の返答が、はかばかしくなかったせいもあるのでございましょう。そこで、娘は、折を計って、相手の寝息を窺《うかが》いながら、そっと入口まで這《は》って行って、戸を細目にあけて見ました。外にも、いい案....
[熟語リンク]
-寝を含む熟語
-息を含む熟語
スポンサーリンク
文章言葉図書館
「寝息」例文/複合語/意味