俳書き順 » 俳の熟語一覧 »俳人の読みや書き順(筆順)

俳人の書き順(筆順)

俳の書き順アニメーション
俳人の「俳」の書き順(筆順)動画・アニメーション
人の書き順アニメーション
俳人の「人」の書き順(筆順)動画・アニメーション
スポンサーリンク

俳人の読み方や画数・旧字体表記

読み方漢字画数旧字体表示
  1. はい-じん
  2. ハイ-ジン
  3. hai-jin
俳10画 人2画 
総画数:12画(漢字の画数合計)
俳人
[読み]1.平仮名2.片仮名3.ローマ字表記 *[旧字体表示]旧字体データがない場合、文字を変更せずに表示しています。
熟語構成文字数:2文字(2字熟語リストを表示する) - 読み:4文字
同義で送り仮名違い:-
スポンサーリンク
俳人と同一の読み又は似た読み熟語など
拝塵  配陣  廃人  癈人  
逆書き:逆さ読み(逆読み・倒語(とうご))
人俳:んじいは
俳を含む熟語・名詞・慣用句など
俳話  俳談  俳壇  俳祖  俳席  俳聖  俳人  俳書  俳優  俳文  俳枕  俳味  俳論  俳諧  俳風  連俳  俳友  俳門  俳名  俳名  俳式  俳誌  俳画  雑俳  雑俳  俳家  俳句  狂俳  俳言  俳言  俳号  俳優座  俳諧歌  俳諧歌  俳諧師  俳諧味  七俳仙  俳趣味  奴俳諧  新俳句    ...

俳人の使われ方検索(小説・文学作品等):言葉の使い方

魚河岸」より 著者:芥川竜之介
の九時ごろ、保吉《やすきち》は三人の友だちと、魚河岸《うおがし》の往来を歩いていた。三人の友だちとは、俳人の露柴《ろさい》、洋画家の風中《ふうちゅう》、蒔画師《まきえし》の如丹《じょたん》、――三人とも本....
飯田蛇笏」より 著者:芥川竜之介
じている所から、同類の思いをなしたのかも知れない。けれどもまだその外にも僕はいろいろの原因から、どうも俳人と云うものは案外世渡りの術に長じた奸物らしい気がしていた。「いやに傲慢な男です」などと云う非難は到....
久保田万太郎氏」より 著者:芥川竜之介
る所なり。僕亦何すれぞ首肯を強いんや。僕亦何すれぞ首肯を強いんや。 因に云う。小説家久保田万太郎君の俳人傘雨宗匠たるは天下の周知する所なり。僕、曩日《のうじつ》久保田君に「うすうすと曇りそめけり星月夜」....
[熟語リンク]
-俳を含む熟語
-人を含む熟語
類語・類義語辞典
-俳人の類語・別表現
スポンサーリンク
文章言葉図書館
「俳人」例文/複合語/意味