畏を含む熟語・慣用句・名詞など

畏を含む熟語・用例・名詞・慣用句など
人名、地名、施設名などを含む場合もあります。

畏の付く文字数別熟語

二字熟語
畏敬畏縮畏日畏怖畏友畏憚畏懼敬畏三畏
>>2字熟語一覧
三字熟語
畏くも畏まり四無畏施無畏善無畏無畏施無所畏畏まる畏れる
>>3字熟語一覧
四字熟語
施無畏印施無畏寺臼田畏斎[人名]・宮崎畏斎[人名]・高山畏斎[人名]・畏れ入る畏れ多い畏き辺り藤田畏斎[人名]
>>4字熟語一覧
五字熟語
畏まり胼胝君子の三畏
>>5字熟語一覧
六字熟語
後生畏る可し
>>6字熟語一覧
>>7字熟語一覧

畏を含む11文字以上の言葉・ことわざなど

文章中に「畏」が使われいる作品・書籍

クリスマス・イーヴ」より 著者:アーヴィングワシントン
た室に行く途中、燃えさしのユール・クロッグはなほ消えやらず、物佗しい光を放つてゐた。若しこれが「亡者もれて出歩かぬ」季節でなかつたならわたしは部室をそつと夜半に拔け出して、妖精どもが爐の周圍で躁宴に舞ひ....
南洲手抄言志録」より 著者:秋月種樹
。立功業如彼。而晩節末路如此。可惜也。此編所載。毫無與道相背。後進之徒能讀之。可以進徳也。可以臨死而不也。余嘗聞。南洲之學術基於餘姚。及得此書。始信焉。近者余在日南。閑散無事。時出此書評之。夫今古史乘不....
南洲手抄言志録」より 著者:秋月種樹
す》んず。賢人は死を分《ぶん》とす。常人は死を恐《おそ》る。 一六 賢者臨※、見理當然、以爲分、恥死、而希安死、故神氣不亂。又有遺訓、足以聳聽。而其不及聖人亦在於此。聖人平生言動無一非訓。而臨※、未....
スポンサーリンク