舵書き順 » 舵の熟語一覧 »操舵の読みや書き順(筆順)

操舵の書き順(筆順)

操の書き順アニメーション
操舵の「操」の書き順(筆順)動画・アニメーション
舵の書き順アニメーション
操舵の「舵」の書き順(筆順)動画・アニメーション
スポンサーリンク

操舵の読み方や画数・旧字体表記

読み方漢字画数旧字体表示
  1. そう-だ
  2. ソウ-ダ
  3. sou-da
操16画 舵11画 
総画数:27画(漢字の画数合計)
操舵
[読み]1.平仮名2.片仮名3.ローマ字表記 *[旧字体表示]旧字体データがない場合、文字を変更せずに表示しています。
熟語構成文字数:2文字(2字熟語リストを表示する) - 読み:3文字
同義で送り仮名違い:-
スポンサーリンク
操舵と同一の読み又は似た読み熟語など
事業構想大学院大学  助惣鱈  常総台地  深層大循環  僧団  壮大  争奪  相待  相談  総高  
逆書き:逆さ読み(逆読み・倒語(とうご))
舵操:だうそ
舵を含む熟語・名詞・慣用句など
横舵  舵棒  舵柱  舵柄  舵床  舵手  舵機  脇舵  脇舵  面舵  操舵  立て舵  舵取り  下げ舵  取り舵  昇降舵  舵取り  上げ舵  操舵手  操舵輪  平衡舵  方向舵  舵を取る    ...

操舵の使われ方検索(小説・文学作品等):言葉の使い方

恐竜島」より 著者:海野十三
わりはじめる。島の火が、左うしろへ流れていく。 「おや船長。どういうんだか。舵がよくききませんが……」操舵手《そうだしゅ》がうしろでさけんだ。 なるほどそういえば、いったん左うしろへ流れた島の火が、また....
火星探険」より 著者:海野十三
とが入っていて、さらにその鉄管球は二つの大きな鉄の輪で支えられている。これは艇がどんな方向に傾いても、操舵者と舵輪はじっと空中に停止していて、すこしの変位もしないようにこしらえてあるわけだ。 「うむ、宇宙....
火薬船」より 著者:海野十三
った。さあ、おくれた船足をとりかえして、先へいそごうぜ」 「はい、はい。心得ました」 一等運転士は、操舵《そうだ》当番へ、大ごえで進航命令を下した。それと同時に、平靖号へも、全速力で、ノーマ号の先登《せ....
[熟語リンク]
-操を含む熟語
-舵を含む熟語
類語・類義語辞典
-操舵の類語・別表現
スポンサーリンク
文章言葉図書館
「操舵」例文/複合語/意味