旗書き順 » 旗の熟語一覧 »竜旗の読みや書き順(筆順)

竜旗の書き順(筆順)

竜の書き順アニメーション
竜旗の「竜」の書き順(筆順)動画・アニメーション
旗の書き順アニメーション
竜旗の「旗」の書き順(筆順)動画・アニメーション
スポンサーリンク

竜旗の読み方や画数・旧字体表記

読み方漢字画数旧字体表示
  1. りゅう-き
  2. リュウ-キ
  3. ryuu-ki
竜10画 旗14画 
総画数:24画(漢字の画数合計)
龍旗
[読み]1.平仮名2.片仮名3.ローマ字表記 *[旧字体表示]旧字体データがない場合、文字を変更せずに表示しています。
熟語構成文字数:2文字(2字熟語リストを表示する) - 読み:4文字
同義で送り仮名違い:-
スポンサーリンク
竜旗と同一の読み又は似た読み熟語など
九頭竜峡  係留機雷  係留気球  五柳帰荘  国際交流基金  根粒菌  蒸留器  整流器  天竜峡  浮流機雷  
逆書き:逆さ読み(逆読み・倒語(とうご))
旗竜:きうゅり
旗を含む熟語・名詞・慣用句など
紅旗  戦旗  隊旗  弔旗  背旗  白旗  白旗  白旗  八旗  半旗  銘旗  竜旗  赤旗  赤旗  降旗  号旗  国旗  標旗  社旗  手旗  手旗  酒旗  酒旗  州旗  小旗  印旗  旗印  敵旗  仗旗  幟旗  旌旗  旗持  Z旗  旭旗  旗地  旗日  旗本  黒旗  敵旗  叛旗    ...

竜旗の使われ方検索(小説・文学作品等):言葉の使い方

小説 不如帰 」より 著者:徳冨蘆花
んとす。 「愉快! 定遠が焼けるぞ!」かれたる声ふり絞りて分隊長は叫びぬ。 煙の絶え間より望めば、黄竜旗《こうりょうき》を翻せる敵の旗艦の前部は黄煙渦まき起こりて、蟻《あり》のごとく敵兵のうごめき騒ぐを....
後の日の童子」より 著者:室生犀星
に遠いだろうね。」 母親は、庭へ童子を拉《つ》れて出た。童子の好んだ青い扇のような芭蕉は、もう破れた竜旗のようにはたはたと夕風に櫛目を立てていた。 「お父さん、この子はどうしてこう顔色が悪いんでしょうね....
みずうみ」より 著者:室生犀星
からふしぎな音楽が花と花とに埋れたなかから、玲瓏とした楽しい音色をつづけた。気のせいか幾隻とない美しい竜旗を掲げたような舟が、朝日の湖にぽっかりと長閑げに浮いて見えた。 「お父さま、わたしお父さまの仰《お....
[熟語リンク]
-竜を含む熟語
-旗を含む熟語
スポンサーリンク
文章言葉図書館
「竜旗」例文/複合語/意味