心書き順 » 心の熟語一覧 »安心の読みや書き順(筆順)

安心の書き順(筆順)

安の書き順アニメーション
安心の「安」の書き順(筆順)動画・アニメーション
心の書き順アニメーション
安心の「心」の書き順(筆順)動画・アニメーション
スポンサーリンク

安心の読み方や画数・旧字体表記

読み方漢字画数旧字体表示
  1. あん-しん
  2. アン-シン
  3. an-shin
安6画 心4画 
総画数:10画(漢字の画数合計)
安心
[読み]1.平仮名2.片仮名3.ローマ字表記 *[旧字体表示]旧字体データがない場合、文字を変更せずに表示しています。
熟語構成文字数:2文字(2字熟語リストを表示する) - 読み:4文字
同義で送り仮名違い:-
スポンサーリンク
安心と同一の読み又は似た読み熟語など
不安神経症  仲安真康  
逆書き:逆さ読み(逆読み・倒語(とうご))
心安:んしんあ
心を含む熟語・名詞・慣用句など
愛心  悪心  安心  異心  異心  一心  円心  遠心  何心  歌心  河心  禍心  会心  回心  快心  戒心  改心  絵心  害心  核心  隔心  隔心  寒心  感心  歓心  甘心  肝心  観心  閑心  関心  帰心  鬼心  疑心  義心  客心  客心  逆心  求心  球心  居心    ...

安心の使われ方検索(小説・文学作品等):言葉の使い方

良夜」より 著者:饗庭篁村
も首を伸してこれを看《み》守りたり。出立つ前に年寄の忠告にも、「旅は明日志す所へ着くというその夜は誰も安心して必ず其所で竊《ぬす》みに逢うものなり」とありたれば、今宵こそ大事なれとその胴巻を締めたまま臥し....
一片の石」より 著者:会津八一
預の魂魄も、かなり大きな見込み違ひをして、たぶん初めはどぎまぎしたものの、そこを通り越して、今ではもう安心を得てゐるのであらう。....
三人の百姓」より 著者:秋田雨雀
て来ましたが家へ帰ってお神《かみ》さんに赤児を見せると、子のないお神さんが大変喜んでくれたので、ほっと安心しました。しかし伊作に口止めされているので、小判の話なぞは一言《ひとこと》も言いませんでした。「も....
[熟語リンク]
-安を含む熟語
-心を含む熟語
類語・類義語辞典
-安心の類語・別表現
スポンサーリンク
文章言葉図書館
「安心」例文/複合語/意味