歌書き順 » 歌の熟語一覧 »歌壇の読みや書き順(筆順)

歌壇の書き順(筆順)

歌の書き順アニメーション
歌壇の「歌」の書き順(筆順)動画・アニメーション
壇の書き順アニメーション
歌壇の「壇」の書き順(筆順)動画・アニメーション
スポンサーリンク

歌壇の読み方や画数・旧字体表記

読み方漢字画数旧字体表示
  1. か-だん
  2. カ-ダン
  3. ka-dan
歌14画 壇16画 
総画数:30画(漢字の画数合計)
歌壇
[読み]1.平仮名2.片仮名3.ローマ字表記 *[旧字体表示]旧字体データがない場合、文字を変更せずに表示しています。
熟語構成文字数:2文字(2字熟語リストを表示する) - 読み:3文字
同義で送り仮名違い:-
スポンサーリンク
歌壇と同一の読み又は似た読み熟語など
一家団欒  果断  華壇  高檀紙  財政健全化団体  若旦那  小高檀紙  早期健全化団体  大高檀紙  直談  
逆書き:逆さ読み(逆読み・倒語(とうご))
壇歌:んだか
歌を含む熟語・名詞・慣用句など
国歌  選歌  軍歌  前歌  組歌  琴歌  踏歌  狂歌  鼻歌  浜歌  盆歌  寄歌  林歌  和歌  船歌  祝歌  高歌  挙歌  校歌  琴歌  元歌  元歌  弦歌  後歌  賛歌  古歌  古歌  祝歌  懸歌  盞歌  艶歌  歌合  歌う  撰歌  継歌  倭歌  端歌  長歌  謡歌  倭歌    ...

歌壇の使われ方検索(小説・文学作品等):言葉の使い方

僻見」より 著者:芥川竜之介
のは上に述べた理由により、少くとも僕には余人よりも手軽に出来る芸当ではない。且又茂吉の歌の価値を論じ、歌壇に対する功罪を論じ、短歌史上の位置を論ずるのはをのづから人のゐる筈である。(たとひ今はゐないにしろ....
歌のいろ/\」より 著者:石川啄木
ない事、誰一人趣味を解する者なき片田舍の味氣《あぢけ》ない事、さうしてる間に豫々愛讀してゐる朝日新聞の歌壇の設けられたので空谷の跫音と思つたといふ事、近頃は新聞が着くと先づ第一に歌壇を見るといふ事、就いて....
女郎買の歌」より 著者:石川啄木
るところを見ると、そゞろに腕の鳴るのを覺える。何か新らしい事業をしたい、新らしい運動、新らしい努力を詩歌壇にやつて見たい…………さういふ念が頻りに起つて來る。 『これだけ居れば何でも出來るね』 集つてゐ....
[熟語リンク]
-歌を含む熟語
-壇を含む熟語
スポンサーリンク
文章言葉図書館
「歌壇」例文/複合語/意味