書書き順 » 書の熟語一覧 »一書の読みや書き順(筆順)

一書の書き順(筆順)

一の書き順アニメーション
一書の「一」の書き順(筆順)動画・アニメーション
書の書き順アニメーション
一書の「書」の書き順(筆順)動画・アニメーション
スポンサーリンク

一書の読み方や画数・旧字体表記

読み方漢字画数旧字体表示
  1. いっ-しょ
  2. イッ-ショ
  3. ixtusyo
一1画 書10画 
総画数:11画(漢字の画数合計)
一書
[読み]1.平仮名2.片仮名3.ローマ字表記 *[旧字体表示]旧字体データがない場合、文字を変更せずに表示しています。
熟語構成文字数:2文字(2字熟語リストを表示する) - 読み:4文字
同義で送り仮名違い:-
スポンサーリンク
一書と同一の読み又は似た読み熟語など
一所  一緒  一升  一将  一笑  一色  一生  一生涯  逸書  佚書  
逆書き:逆さ読み(逆読み・倒語(とうご))
書一:ょしっい
書を含む熟語・名詞・慣用句など
愛書  悪書  医書  為書  異書  緯書  遺書  一書  印書  淫書  韻書  右書  羽書  英書  艶書  奥書  押書  横書  音書  夏書  歌書  賀書  覚書  角書  楽書  割書  感書  漢書  漢書  漢書  願書  奇書  寄書  寄書  貴書  偽書  戯書  吉書  急書  挟書    ...

一書の使われ方検索(小説・文学作品等):言葉の使い方

奉教人の死」より 著者:芥川竜之介
るものは、「ろおれんぞ」の一生を知るものではござるまいか。 二 予が所蔵に関る、長崎耶蘇会出版の一書、題して「れげんだ・おうれあ」と云ふ。蓋《けだ》し、LEGENDA AUREA の意なり。されど内....
良夜」より 著者:饗庭篁村
田万世橋の傍らへ下ろされたり。この時の予はもとの新潟県下第一の豪傑穂垂周吉にあらずして、唖然たる癡呆の一書生なり。馬車の動揺に精神を撹乱し、単純なる空気を呼吸したる肺臓は砂煙りに混じたる汚濁|臭穢《しゅう....
大久保湖州」より 著者:芥川竜之介
亦一二に止まらざるべし。実に家康も英雄色を好むの古則に漏るる能はじ。秀吉は北条征伐の陣中より淀君が許に一書を寄せて、『二十日ごろに、かならず参候て、わかぎみ(鶴松)だき可申候。そのよさに、そもじをも、そば....
[熟語リンク]
-一を含む熟語
-書を含む熟語
スポンサーリンク
文章言葉図書館
「一書」例文/複合語/意味