心書き順 » 心の熟語一覧 »歓心の読みや書き順(筆順)

歓心の書き順(筆順)

歓の書き順アニメーション
歓心の「歓」の書き順(筆順)動画・アニメーション
心の書き順アニメーション
歓心の「心」の書き順(筆順)動画・アニメーション
スポンサーリンク

歓心の読み方や画数・旧字体表記

読み方漢字画数旧字体表示
  1. かん-しん
  2. カン-シン
  3. kan-shin
歓15画 心4画 
総画数:19画(漢字の画数合計)
歡心
[読み]1.平仮名2.片仮名3.ローマ字表記 *[旧字体表示]旧字体データがない場合、文字を変更せずに表示しています。
熟語構成文字数:2文字(2字熟語リストを表示する) - 読み:4文字
同義で送り仮名違い:-
スポンサーリンク
歓心と同一の読み又は似た読み熟語など
寒心  勘進  感心  感震  汗疹  甘心  管鍼  閑心  関心  韓信  
逆書き:逆さ読み(逆読み・倒語(とうご))
心歓:んしんか
心を含む熟語・名詞・慣用句など
愛心  悪心  安心  異心  異心  一心  円心  遠心  何心  歌心  河心  禍心  会心  回心  快心  戒心  改心  絵心  害心  核心  隔心  隔心  寒心  感心  歓心  甘心  肝心  観心  閑心  関心  帰心  鬼心  疑心  義心  客心  客心  逆心  求心  球心  居心    ...

歓心の使われ方検索(小説・文学作品等):言葉の使い方

大導寺信輔の半生」より 著者:芥川竜之介
――あらゆる都合の好い口実のもとに父母の金銭を盗もうとした。それでもまだ金の足りない時には巧みに両親の歓心を買い、翌月の小遣いを捲《ま》き上げようとした。就中《なかんずく》彼に甘かった老年の母に媚《こ》び....
木曽義仲論」より 著者:芥川竜之介
、平門の卿相十人の連署したる起請文を送りて、延暦寺を氏寺となし、日吉社を氏神となすを誓ひ、巧辞を以て其歓心を買はむと欲したり。然れども山門は冷然として之に答へざりき。同時に義仲の祐筆にして、しかも革命軍の....
大導寺信輔の半生」より 著者:芥川竜之介
――あらゆる都合の好い口実のもとに父母の金銭を盗まうとした。それでもまだ金の足りない時には巧みに両親の歓心を買ひ、翌月の小遣ひを捲き上げようとした。就中彼に甘かつた老年の母に媚びようとした。勿論彼には彼自....
[熟語リンク]
-歓を含む熟語
-心を含む熟語
スポンサーリンク
文章言葉図書館
「歓心」例文/複合語/意味