止書き順 » 止の熟語一覧 »止りの読みや書き順(筆順)

止り[止(ま)り]の書き順(筆順)

止の書き順アニメーション
止りの「止」の書き順(筆順)動画・アニメーション
りの書き順アニメーション
止りの「り」の書き順(筆順)動画・アニメーション
スポンサーリンク

止りの読み方や画数・旧字体表記

読み方漢字画数旧字体表示
  1. どまり
  2. ドマリ
  3. domari
止4画 
総画数:4画(漢字の画数合計)
止り
[読み]1.平仮名2.片仮名3.ローマ字表記 *[旧字体表示]旧字体データがない場合、文字を変更せずに表示しています。
熟語構成文字数:2文字(2字熟語リストを表示する) - 読み:3文字
同義で送り仮名違い:止まり
スポンサーリンク
止りと同一の読み又は似た読み熟語など
夏泊半島  行止り  行止り  高止まり  寺泊  小泊岬  船泊り  素泊り  大泊  片泊まり  
逆書き:逆さ読み(逆読み・倒語(とうご))
り止:りまど
止を含む熟語・名詞・慣用句など
笑止  諫止  制止  遏止  静止  止め  止め  止木  禁止  止弁  止む  止り  止り  挙止  止針  止句  終止  船止  沮止  止す  止水  袖止  車止  波止  阻止  川止  容止  血止  進止  拒止  襟止  廃止  鎌止  止偏  咳止  停止  停止  止痛  防止  止住    ...

止りの使われ方検索(小説・文学作品等):言葉の使い方

奇怪な再会」より 著者:芥川竜之介
。」 しかし梯子《はしご》を上《あが》りかけると、声はもう一度お蓮を捉《とら》えた。彼女はそこへ立ち止りながら、茶の間《ま》の暗闇を透かして見た。 「誰だい?」 「私。私だ。私。」 声は彼女と仲が好《....
青年と死」より 著者:芥川竜之介
ませんか。 ――私も始めはそう思ったのです。所がいくら番の兵士の数をふやしても、妃たちの子を生むのは止りません。 ――妃たちに訊《き》いてもわかりませんか。 ――それが妙なのです。色々訊いて見ると、....
良夜」より 著者:饗庭篁村
煎豆《いりまめ》の音、氷屋の呼声かえッて熱さを加え、立売の西瓜《すいか》日を視るの想あり。半ば渡りて立止り、欄干に倚《よ》りて眺むれば、両岸の家々の火、水に映じて涼しさを加え、いずこともなく聞く絃声流るる....
[熟語リンク]
-止を含む熟語
-りを含む熟語
スポンサーリンク
文章言葉図書館
「止り」例文/複合語/意味