枝書き順 » 枝の熟語一覧 »枝豆の読みや書き順(筆順)

枝豆の書き順(筆順)

枝の書き順アニメーション
枝豆の「枝」の書き順(筆順)動画・アニメーション
豆の書き順アニメーション
枝豆の「豆」の書き順(筆順)動画・アニメーション
スポンサーリンク

枝豆の読み方や画数・旧字体表記

読み方漢字画数旧字体表示
  1. えだ-まめ
  2. エダ-マメ
  3. eda-mame
枝8画 豆7画 
総画数:15画(漢字の画数合計)
枝豆
[読み]1.平仮名2.片仮名3.ローマ字表記 *[旧字体表示]旧字体データがない場合、文字を変更せずに表示しています。
熟語構成文字数:2文字(2字熟語リストを表示する) - 読み:4文字
同義で送り仮名違い:-
スポンサーリンク
枝豆と同一の読み又は似た読み熟語など
同一読み熟語についてのデータは現在ありません。
逆書き:逆さ読み(逆読み・倒語(とうご))
豆枝:めまだえ
枝を含む熟語・名詞・慣用句など
瑞枝  枝物  枝輪  枝毛  枝木  枝葉  枝族  樹枝  小枝  截枝  枝番  枝肉  枝院  枝川  枝扇  枝挿  枝束  枝村  枝炭  枝豆  小枝  上枝  釣枝  枝根  連枝  長枝  藤枝  役枝  北枝  分枝  百枝  枝神  短枝  枝折  切枝  整枝  折枝  枝道  千枝  側枝    ...

枝豆の使われ方検索(小説・文学作品等):言葉の使い方

野菊の墓」より 著者:伊藤左千夫
れでよいけど、民さんは跡でどうなるだろうか」 不図《ふと》そう思って、そっと民子の方を見ると、お増が枝豆をあさってる後に、民子はうつむいて膝の上に襷《たすき》をこねくりつつ沈黙している。如何にも元気のな....
政談十二社」より 著者:泉鏡花
という場所柄の、さびれさ加減思うべしで、建廻した茶屋|休息所《やすみどころ》、その節は、ビール聞し召せ枝豆も候だのが、ただ葦簀《よしず》の屋根と柱のみ、破《やぶれ》の見える床の上へ、二ひら三ひら、申訳だけ....
沼夫人」より 著者:泉鏡花
き》で、殊に二百十日前後は、稲穂の波に、案山子《かかし》の船頭。芋※《ずいき》の靡《なび》く様子から、枝豆の実る処、ちと稗蒔《ひえまき》染みた考えで、深山大沢《しんざんだいたく》でない処は卑怯《ひきょう》....
[熟語リンク]
-枝を含む熟語
-豆を含む熟語
スポンサーリンク
文章言葉図書館
「枝豆」例文/複合語/意味