叙書き順 » 叙の熟語一覧 »叙景文の読みや書き順(筆順)

叙景文の書き順(筆順)

叙の書き順アニメーション
叙景文の「叙」の書き順(筆順)動画・アニメーション
景の書き順アニメーション
叙景文の「景」の書き順(筆順)動画・アニメーション
文の書き順アニメーション
叙景文の「文」の書き順(筆順)動画・アニメーション
スポンサーリンク

叙景文の読み方や画数・旧字体表記

読み方漢字画数旧字体表示
  1. じょけい-ぶん
  2. ジョケイ-ブン
  3. jokei-bun
叙9画 景12画 文4画 
総画数:25画(漢字の画数合計)
敍景文
[読み]1.平仮名2.片仮名3.ローマ字表記 *[旧字体表示]旧字体データがない場合、文字を変更せずに表示しています。
熟語構成文字数:3文字(3字熟語リストを表示する) - 読み:6文字
同義で送り仮名違い:-
スポンサーリンク
叙景文と同一の読み又は似た読み熟語など
同一読み熟語についてのデータは現在ありません。
逆書き:逆さ読み(逆読み・倒語(とうご))
文景叙:んぶいけょじ
叙を含む熟語・名詞・慣用句など
叙す  叙上  叙説  叙任  叙法  選叙  直叙  直叙  倒叙  平叙  略叙  列叙  叙情  昇叙  叙文  陞叙  追叙  叙唱  細叙  叙賜  加叙  叙景  叙勲  叙官  叙階  叙位  自叙  叙爵  叙述  叙事  自叙伝  平叙文  叙する  叙情詩  叙情文  叙事文  叙事体  女叙位  接叙法  叙でる    ...

叙景文の使われ方検索(小説・文学作品等):言葉の使い方

上野」より 著者:永井荷風
に在っては、不忍池の根津から本郷に面するあたりは殊にさびしく、通行の人も途絶えがちであった。ここに雁の叙景文を摘録すれば、「其頃は根津に通ずる小溝から、今三人の立つてゐる汀まで、一面に葦が茂つてゐた。其葦....
中世の文学伝統」より 著者:風巻景次郎
かざるようになったということは驚くべき事実であった。 『枕草紙』にけざやかにあらわれた感覚的な絵画的な叙景文や、ものを「をかし」と感ずる随想は、たしかに新文学の発生であった。しかしこの新傾向が『後拾遺集』....
文章を作る人々の根本用意」より 著者:小川未明
数えることが出来る。実用のための文書、書簡、報道記事等も文章であれば、自己の満足を主とする紀行文、抒情叙景文、論文等も文章である。 こゝには主として後者即ち文学的味いを生命とする文章を目標とし、特にその....
[熟語リンク]
-叙を含む熟語
-景を含む熟語
-文を含む熟語
スポンサーリンク
文章言葉図書館
「叙景文」例文/複合語/意味