無の書き順・筆順・無の正しい書き方/動画

無の書き順動画・アニメーション
無の書き順(筆順)動画・アニメーション[漢字書き順]
(書体:教科書体または明朝)

無の画数と部首(へん)

12画
部首名称:火(ひ,ひへん,れっか,れんが)
部首画数:4画

無を習う学年

小学校4年生で学習

無の読み方(音読み/訓読み)

ム、ブ、な-い
・同一の読み方をする漢字を表示
   

資格とそのほかの情報

日本漢字能力検定7級 常用漢字 人名に使える漢字
赤色が無の〜画目を表しています。
1画目
無の1画目
2画目
無の2画目
3画目
無の3画目
4画目
無の4画目
5画目
無の5画目
6画目
無の6画目
7画目
無の7画目
8画目
無の8画目
9画目
無の9画目
10画目
無の10画目
11画目
無の11画目
12画目
無の12画目

無を含む関連漢字熟語や用例

無を含む四字熟語
  • 悪逆無道(あくぎゃくむどう)
  • 安穏無事(あんのんぶじ)
  • 慇懃無礼(いんぎんぶれい)
  • 有無相生(うむそうせい)
  • 永永無窮(えいえいむきゅう)
  • 感慨無量(かんがいむりょう)
  • 金甌無欠(きんおうむけつ)
  • 兼愛無私(けんあいむし)
  • 広大無辺(こうだいむへん)
  • 公平無私(こうへいむし)
  • 古今無双(ここんむそう)
  • 三界無安(さんがいむあん)
  • 諸行無常(しょぎょうむじょう)
  • 清浄無垢(せいじょうむく)
  • 清淡虚無(せいたんきょむ)
  • 大逆無道(たいぎゃくむどう)
  • 天下無双(てんかむそう)
  • 南無三宝(なむさんぼう)
  • 百載無窮(ひゃくさいむきゅう)
  • 放蕩無頼(ほうとうぶらい)
  • 無為徒食(むいとしょく)
  • 無為無策(むいむさく)
  • 無学文盲(むがくもんもう)
  • 無芸大食(むげいたいしょく)
  • 無慙無愧(むざんむき)
  • 無私無偏(むしむへん)
  • 無声無臭(むせいむしゅう)
  • 無知蒙昧(むちもうまい)
  • 無手勝流(むてかつりゅう)
  • 無念無想(むねんむそう)
  • 無味乾燥(むみかんそう)
  • 無欲恬淡(むよくてんたん)
  • 無理算段(むりさんだん)
  • 無理非道(むりひどう)
  • 問答無用(もんどうむよう)
  • 有口無行(ゆうこうむこう)
  • 融通無碍(ゆうずうむげ)
  • 乱雑無章(らんざつむしょう)
  • 事実無根(じじつむこん)
  • 純一無雑(じゅんいつむざつ)
  • 造反無道(ぞうはんむどう)
  • 傍若無人(ぼうじゃくぶじん)
  • 鴉雀無声(あじゃくむせい)
  • 一望無垠(いちぼうむぎん)
  • 有象無象(うぞうむぞう)
  • 有耶無耶(うやむや)
  • 海内無双(かいだいむそう)
  • 完全無欠(かんぜんむけつ)
  • 刑故無小(けいこむしょう)
  • 厚顔無恥(こうがんむち)
  • 荒唐無稽(こうとうむけい)
  • 国士無双(こくしむそう)
  • 孤立無援(こりつむえん)
  • 遮二無二(しゃにむに)
  • 諸法無我(しょほうむが)
  • 聖人無夢(せいじんむむ)
  • 千万無量(せんまんむりょう)
  • 天衣無縫(てんいむほう)
  • 天壌無窮(てんじょうむきゅう)
  • 破戒無慙(はかいむざん)
  • 平穏無事(へいおんぶじ)
  • 無為自然(むいしぜん)
  • 無位無官(むいむかん)
  • 無為無能(むいむのう)
  • 無我夢中(むがむちゅう)
  • 無間地獄(むけんじごく)
  • 無始無終(むしむじゅう)
  • 無常迅速(むじょうじんそく)
  • 無駄方便(むだほうべん)
  • 無茶苦茶(むちゃくちゃ)
  • 無二無三(むにむさん)
  • 無病息災(むびょうそくさい)
  • 無明長夜(むみょうじょうや)
  • 無理往生(むりおうじょう)
  • 無理難題(むりなんだい)
  • 無理無体(むりむたい)
  • 唯一無二(ゆいいつむに)
  • 有厚無厚(ゆうこうむこう)
  • 有名無実(ゆうめいむじつ)
  • 疑事無功(ぎじむこう)
  • 縦横無尽(じゅうおうむじん)
  • 仁者無敵(じんしゃむてき)
  • 無事息災(ぶじそくさい)
無を含む熟語・用例・名詞など
皆無 顎無 虚無 上無 絶無 田無 南無 無げ 無愛 無位 無依 無意 無為 無為 無畏 無異 無医 無印 無韻 無益 無益 無援 無縁 無塩 無塩 無音 無音 無下 無価 無価 無我  » 無の付く熟語をもっと見る

無の様々な書体・字体・字形[漢字デザイン]

左から順に楷書体/ゴシック体/行書体/明朝体
無の楷書体/ゴシック体/行書体/明朝体画像[漢字の書体]
無の例文[無を含む文章]
  • 森林再生の活動を継続しなければ、あの森が無くなってしまう可能性がある。
  • 大学入試を無事に突破し、息子は一安心した様子です。
  • 失礼の無い様に対応して下さい。
  • あの言動に激怒するのも無理もない。
  • 決して無駄足ではないと思った。
無:漢字カテゴリー

スポンサーリンク
無:今年の漢字(各年度の順位)