甲書き順 » 甲の熟語一覧 »甲板の読みや書き順(筆順)

甲板の書き順(筆順)

甲の書き順アニメーション
甲板の「甲」の書き順(筆順)動画・アニメーション
板の書き順アニメーション
甲板の「板」の書き順(筆順)動画・アニメーション
スポンサーリンク

甲板の読み方や画数・旧字体表記

読み方漢字画数旧字体表示
  1. かん-ぱん
  2. カン-パン
  3. kan-pan
甲5画 板8画 
総画数:13画(漢字の画数合計)
甲板
[読み]1.平仮名2.片仮名3.ローマ字表記 *[旧字体表示]旧字体データがない場合、文字を変更せずに表示しています。
熟語構成文字数:2文字(2字熟語リストを表示する) - 読み:4文字
同義で送り仮名違い:-
スポンサーリンク
甲板と同一の読み又は似た読み熟語など
乾板  官板  官版  干犯  肝斑  
逆書き:逆さ読み(逆読み・倒語(とうご))
板甲:んぱんか
甲を含む熟語・名詞・慣用句など
甲声  甲州  甲板  裏甲  甲板  乙甲  指甲  甲高  甲子  甲子  甲子  甲矢  甲高  甲香  甲香  甲冑  鉄甲  綿甲  本甲  甲板  装甲  甲申  甲卒  甲虫  短甲  爪甲  甲府  甲鉄  頭甲  同甲  鈍甲  甲状  背甲  武甲  手甲  兵甲  甲香  甲皮  馬甲  甲夜    ...

甲板の使われ方検索(小説・文学作品等):言葉の使い方

湖南の扇」より 著者:芥川竜之介
、僕の乗っていた※江丸《げんこうまる》は長沙《ちょうさ》の桟橋へ横着けになった。 僕はその何分か前に甲板の欄干《らんかん》へ凭《よ》りかかったまま、だんだん左舷《さげん》へ迫って来る湖南の府城を眺めてい....
」より 著者:芥川竜之介
上陸員整列の喇叭《らつぱ》が鳴つたのです。確、右舷が上陸する順番になつてゐたと思ひますが、それが皆、上甲板へ整列したと思ふと、今度は、突然、総員集合の喇叭が鳴りました。勿論、唯事《たゞごと》ではありません....
軍艦金剛航海記」より 著者:芥川竜之介
一 暑いフロックを夏の背廣に着換へて外の連中と一しよに上甲板へ出てゐると、年の若い機關少尉が三人やつて來て、いろんな話をしてくれた。僕は新米だから三人とも初對....
[熟語リンク]
-甲を含む熟語
-板を含む熟語
類語・類義語辞典
-甲板の類語・別表現
スポンサーリンク
文章言葉図書館
「甲板」例文/複合語/意味