腕書き順 » 腕の熟語一覧 »隻腕の読みや書き順(筆順)

隻腕の書き順(筆順)

隻の書き順アニメーション
隻腕の「隻」の書き順(筆順)動画・アニメーション
腕の書き順アニメーション
隻腕の「腕」の書き順(筆順)動画・アニメーション
スポンサーリンク

隻腕の読み方や画数・旧字体表記

読み方漢字画数旧字体表示
  1. せき-わん
  2. セキ-ワン
  3. seki-wan
隻10画 腕12画 
総画数:22画(漢字の画数合計)
隻腕
[読み]1.平仮名2.片仮名3.ローマ字表記 *[旧字体表示]旧字体データがない場合、文字を変更せずに表示しています。
熟語構成文字数:2文字(2字熟語リストを表示する) - 読み:4文字
同義で送り仮名違い:-
スポンサーリンク
隻腕と同一の読み又は似た読み熟語など
同一読み熟語についてのデータは現在ありません。
逆書き:逆さ読み(逆読み・倒語(とうご))
腕隻:んわきせ
腕を含む熟語・名詞・慣用句など
懸腕  腕節  腕章  腕首  腕車  腕骨  腕骨  腕香  腕金  両腕  利腕  枕腕  腕先  腕前  腕組  豪腕  剛腕  敏腕  提腕  腕輪  腕力  腕木  腕枕  腕法  腕白  腕袋  片腕  諸腕  才腕  隻腕  凄腕  前腕  左腕  細腕  空腕  怪腕  手腕  上腕  鈍腕  右腕    ...

隻腕の使われ方検索(小説・文学作品等):言葉の使い方

海潮音」より 著者:上田敏
続いて更に一発は、 狂気のさたか、血迷《ちまよひ》か、 とかくに業《ごう》は了《をは》りたり。 僧は隻腕《かたうで》、壇にもたれ、 明《あ》いたる手にて祝福し、 黄金盤《おうごんばん》も重たげに、 虚空....
即興詩人」より 著者:アンデルセンハンス・クリスチャン
過ぐ。こは人の殺されたるあとに立てしなり。架《か》に近きところには、盜人の屍の切り碎きて棄てたるなり。隻腕《かたうで》、隻脚《かたあし》は猶その形を存じたり。それさへ心を寒からしむるに、我|栖《すみか》は....
海潮音」より 著者:上田敏
子と。」 續いて更に一發は、 狂氣のさたか、血迷《ちまよひ》か、 とかくに業《ごふ》は了りたり。 僧は隻腕《かたうで》、壇にもたれ、 明いたる手にて祝福し、 黄金盤《わうごんばん》も重たげに、 虚空《こく....
[熟語リンク]
-隻を含む熟語
-腕を含む熟語
スポンサーリンク
文章言葉図書館
「隻腕」例文/複合語/意味