踏書き順 » 踏の熟語一覧 »踏懸の読みや書き順(筆順)

踏懸の書き順(筆順)

踏の書き順アニメーション
踏懸の「踏」の書き順(筆順)動画・アニメーション
懸の書き順アニメーション
踏懸の「懸」の書き順(筆順)動画・アニメーション
スポンサーリンク

踏懸の読み方や画数・旧字体表記

読み方漢字画数旧字体表示
  1. ふ-がけ
  2. フ-ガケ
  3. fu-gake
踏15画 懸20画 
総画数:35画(漢字の画数合計)
踏懸
[読み]1.平仮名2.片仮名3.ローマ字表記 *[旧字体表示]旧字体データがない場合、文字を変更せずに表示しています。
熟語構成文字数:2文字(2字熟語リストを表示する) - 読み:3文字
同義で送り仮名違い:-
スポンサーリンク
踏懸と同一の読み又は似た読み熟語など
踏掛  
逆書き:逆さ読み(逆読み・倒語(とうご))
懸踏:けがふ
踏を含む熟語・名詞・慣用句など
踏木  踏破  踏舞  踏金  舞踏  踏絵  踏臼  未踏  雑踏  踏車  踏青  踏俵  踏肥  踏段  踏台  踏切  踏石  踏場  踏査  踏所  踏む  踏籠  踏掛  雪踏  踏鞴  踏歌  踏襲  踏込  高踏  踏板  踏歌  踏懸  踏出す  踏越し  踏込袴  踏切る  踏返す  踏入る  踏越す  踏込畳    ...

踏懸の使われ方検索(小説・文学作品等):言葉の使い方

高野聖」より 著者:泉鏡花
見えた、弓形《ゆみなり》でまるで土で勅使橋《ちょくしばし》がかかってるような。上を見ながら、これへ足を踏懸《ふみか》けた時、以前の薬売《くすりうり》がすたすたやって来て追着《おいつ》いたが。 別に言葉も....
高野聖」より 著者:泉鏡花
つち》で勅使橋《ちよくしばし》がかゝつてるやうな。上《うへ》を見《み》ながら、之《これ》へ足《あし》を踏懸《ふみか》けた時《とき》、以前《いぜん》の薬売《くすりうり》がすた/\遣《や》つて来《き》て追着《....
活人形」より 著者:泉鏡花
ならぬと思ってるからだ。こればかりの事に神経を悩すとは、ええ、意気地の無い事だ。いかさまな、五十の坂へ踏懸けちゃあ、ちと縒《より》が戻ろうかい。だが油断はならない、早く行って見て安心しよう。何、居るに違い....
[熟語リンク]
-踏を含む熟語
-懸を含む熟語
スポンサーリンク
文章言葉図書館
「踏懸」例文/複合語/意味