詰書き順 » 詰の熟語一覧 »橋詰の読みや書き順(筆順)

橋詰[橋詰(め)]の書き順(筆順)

橋の書き順アニメーション
橋詰の「橋」の書き順(筆順)動画・アニメーション
詰の書き順アニメーション
橋詰の「詰」の書き順(筆順)動画・アニメーション
スポンサーリンク

橋詰の読み方や画数・旧字体表記

読み方漢字画数旧字体表示
  1. はし-づめ
  2. ハシ-ヅメ
  3. hashi-dume
橋16画 詰13画 
総画数:29画(漢字の画数合計)
橋詰
[読み]1.平仮名2.片仮名3.ローマ字表記 *[旧字体表示]旧字体データがない場合、文字を変更せずに表示しています。
熟語構成文字数:2文字(2字熟語リストを表示する) - 読み:4文字
同義で送り仮名違い:橋詰め
スポンサーリンク
橋詰と同一の読み又は似た読み熟語など
橋爪  
逆書き:逆さ読み(逆読み・倒語(とうご))
詰橋:めづしは
詰を含む熟語・名詞・慣用句など
    坪詰  詰る  論詰  極詰  鮨詰  詰問  大詰  詰難  詰旦  詰草  詰責  詰衆  面詰  氷詰  膝詰  地詰  腸詰  溜詰  定詰  都詰  常詰  難詰  小詰  重詰  箱詰  字詰  詰屈  橋詰  詰所  缶詰  詰手  詰り  即詰  詰襟  折詰  御詰  奥詰  詰む    ...

橋詰の使われ方検索(小説・文学作品等):言葉の使い方

妖婆」より 著者:芥川竜之介
が、仕合せとあすこにもやっていた、石船の船頭が見つけてね。さあ、御客様だ、土左衛門だと云う騒ぎで、早速橋詰の交番へ届けたんだろう。僕が通りかかった時にゃ、もう巡査が来ていたが、人ごみの後から覗いて見ると、....
雛がたり」より 著者:泉鏡花
れた。渡れば鞠子《まりこ》の宿《しゅく》と聞く……梅、若菜《わかな》の句にも聞える。少し渡って見よう。橋詰《はしづめ》の、あの大樹《たいじゅ》の柳の枝のすらすらと浅翠《あさみどり》した下を通ると、樹の根に....
春昼」より 著者:泉鏡花
といえば丁《ちょう》どその時、向う詰《づめ》の岸に踞《しゃが》んで、ト釣っていたものがあったでござる。橋詰《はしづめ》の小店《こみせ》、荒物を商《あきな》う家の亭主で、身体《からだ》の痩《や》せて引緊《ひ....
[熟語リンク]
-橋を含む熟語
-詰を含む熟語
スポンサーリンク
文章言葉図書館
「橋詰」例文/複合語/意味