詰書き順 » 詰の熟語一覧 »常詰の読みや書き順(筆順)

常詰[常詰(め)]の書き順(筆順)

常の書き順アニメーション
常詰の「常」の書き順(筆順)動画・アニメーション
詰の書き順アニメーション
常詰の「詰」の書き順(筆順)動画・アニメーション
スポンサーリンク

常詰の読み方や画数・旧字体表記

読み方漢字画数旧字体表示
  1. じょう-づめ
  2. ジョウ-ヅメ
  3. jou-dume
常11画 詰13画 
総画数:24画(漢字の画数合計)
常詰
[読み]1.平仮名2.片仮名3.ローマ字表記 *[旧字体表示]旧字体データがない場合、文字を変更せずに表示しています。
熟語構成文字数:2文字(2字熟語リストを表示する) - 読み:5文字
同義で送り仮名違い:常詰め
スポンサーリンク
常詰と同一の読み又は似た読み熟語など
定詰  
逆書き:逆さ読み(逆読み・倒語(とうご))
詰常:めづうょじ
詰を含む熟語・名詞・慣用句など
    坪詰  詰る  論詰  極詰  鮨詰  詰問  大詰  詰難  詰旦  詰草  詰責  詰衆  面詰  氷詰  膝詰  地詰  腸詰  溜詰  定詰  都詰  常詰  難詰  小詰  重詰  箱詰  字詰  詰屈  橋詰  詰所  缶詰  詰手  詰り  即詰  詰襟  折詰  御詰  奥詰  詰む    ...

常詰の使われ方検索(小説・文学作品等):言葉の使い方

宮本武蔵」より 著者:吉川英治
。 本丸から山づたいに、搦手《からめて》の雑人門《ぞうにんもん》の方へ降りて行った。そこの城門には、常詰《じようづめ》の番人がいて、いつも素槍を持って歩いているが、彼女の姿を見ると、番人も遠方から笑って....
私本太平記」より 著者:吉川英治
で来て、 「や、どうしたのか?」 ここかしこ、死者は地に見える。だがここでの乱闘は終っていた。城戸の常詰《じょうづめ》は十人ていどだし、新田方の者は三十人近かった。――当然、彼らの捜査と、それを阻《はば....
[熟語リンク]
-常を含む熟語
-詰を含む熟語
スポンサーリンク
文章言葉図書館
「常詰」例文/複合語/意味